若はげと5αリダクターゼ(還元酵素)・ジヒドロテストステロン(DHT)

抜け毛の原因として男性ホルモンが大きく関わっています。

ホルモンバランスがおかしくなったり、抜け毛になりやすいホルモンが増えたりすると正常なヘアサイクルが乱れ抜け毛が増えて、薄毛に悩むことになります。
特に「男性型脱毛症」の原因となっているのがDHTと呼ばれる男性ホルモンで「5Aリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素の働きを抑制することによって、その増加を防ぐことができます。

「5Aリダクターゼ」とは、男性ホルモンを合成する酵素の一つで、男性ホルモンと結びついて、強力な脱毛作用を引き起こす原因となってしまうホルモンを作り出してしまうのです。

それは頭皮や毛乳頭に悪影響を与えます。

○髪の毛が十分に育たぬ前に抜けるようになる。
○新しく生えた髪の毛も十分育たなくなる。
○発毛する本数が減ってくる。

このように正常なヘアサイクルも乱れて、やがて薄毛になり次第に若はげとなってしまうのです。

「5Aリダクターゼ」の働きにより、生成された「DHT」が活発に働くことが原因で起きる「AGA男性脱毛症」ですが、女性にも起こります。
女性に起こった場合は、「AGA」とは言わずに「FAGA」と言います。

それは女性ホルモンの分泌量が減り、男性ホルモンとのバランスが崩れ男性ホルモンが優位に立つことで起こります。この関係にも、DHT が影響している可能性が高いです。

ですから女性でも男性ホルモンが過多になったりすると、ホルモンバランスを整える「5Aリダクターゼ」の働きを抑えるようにすることが大切です。

「AGA」の一番の原因と言われているDHTは、元々は男性ホルモンの一種の「テストステロン」と言うホルモンで睾丸で生成されいます。まだこの時点(テストステロン)では、はげを進行させる男性ホルモンではないのですが、ここに「5Aリダクターゼ」が結びついてDHTへと変化を遂げます。

このDHTこそが「AGA」の原因の最たるものです。

DHTは髪の司令塔とも言うべき毛乳頭の受容体と結びついて毛周期を一気に短縮させています。

「AGA」が進行していく場所は、太い髪の毛がなく産毛のような細くて短い髪の毛ばかりになります。

若はげになる人のほとんどは、生え際、もしくは頭頂部が中心となります。これは、DHTを作り出す「5Aリダクターゼ」に多く存在するためです。

遺伝から見てみると、若はげは遺伝するのではなくてハゲやすい性質が遺伝すると言われています。

しかし、人一倍頭皮頭皮ケアをする必要はありません。

「AGA」も原因となるものは、ストレス、食事、睡眠時間、などに左右されています。

極端に言えば、健康的な生活を送ることで、「AGA」が予防されていることは証明されています。

まず生活習慣を見直すことから始めましょう。

このページの先頭へ