若年性脱毛症に効く成分とは?

若年性脱毛症(若はげ)の状態は、毛髪が必要栄養分を補充できていません。薄毛になった頭部は、毛髪が残っているけれど、成長できていないのです。

毛穴に残っている毛髪を成長させるには、亜鉛・ビタミン・タンパク質が欠かせません。これらをバランスよく摂取することが、育毛効果に繋がるのです。

栄養バランスを考えて料理をしていても、食事で得られる分量は少ないと思います。必要成分を多く含んだ食材を選ぶことで、1日に必要な栄養分を摂取することは可能です。

偏った食生活をしていなければ、脱毛の進行を抑制することが出来るかもしれません。

健康重視で食事療法をするのなら、大豆が最適です。
大豆は畑の肉とも呼ばれ、植物性タンパク質で余計な脂分を含んでいないのが特徴です。また、青魚・牛肉・鶏卵もタンパク質を多く含んでいます。日替わりで料理に工夫をすれば飽きることは少ないと思います。

他の注目される薄毛改善に効果ある成分は、亜鉛です。

亜鉛は牛肉や鶏肉に多く含まれ、毛髪の成長を促す働きを持ちます。
最も多く含んでいるのは牡蠣ですが、季節によっては食することが出来ません。食事で育毛成分が補充できない場合は、新陳代謝を改善するサプリメントを利用すると良いでしょう。

また血行を促進して、毛根に必要栄養分を与えるには、血流を良くする成分「ナットウキナーゼ」があります。さらにビタミンEやいちょう葉エキスも、血液をサラサラにする効果があり育毛を促すことができます。

若年性脱毛症に効果があるといわれているのが、フィナステリド剤で、日本ではプロペシアと呼ばれています。これはサプリメントではなく、薬になるので使用する際は、医師による処方が必要となります。ただ、治療が高額となるためコストパフォーマンス重視なら通販(個人輸入)がおすすめです。

また一般的な育毛剤はアレルギー反応が起こりえることもあるので、育毛剤は使用前に手の甲に少量を塗布して肌に異変が発生しないかを試す必要があります。サプリメントや育毛シャンプーも同じことが考えられるので、主要成分だけではなく、配合されている全成分を確認しておきましょう。

各自の脱毛症の症状や進行状況に応じて、育毛方を考えることも必要です。育毛・発毛・予防で、それぞれ必要成分が異なります。
育毛で有名な成分は「ノコギリヤシ」と「ミノキシジル」があり、育毛剤を開発しているメーカーもこの成分を使用している場合が多いです。

繰り返しになりますが、若はげは早く対策を講じることで改善しやすくなります。少しでも「はげ」のことが気になり始めたら早めに行動に移りましょう。

このページの先頭へ