外部刺激が原因でなる若はげ

若はげの原因は、ストレスや生活習慣の乱れだけではありません。

頭皮を綺麗にすることは大切ですが、誤った認識をしていては薄毛を進行させてしまうことも多いのです。

頭皮を綺麗にすることをスカルプケアと表します。

スカルプケアの目的は荒れた頭皮の改善と、育毛環境を整えることです。

頭皮を洗うときに強く擦りすぎてしまう人がいるようですが、頭皮を洗うときには指先ではなく指の腹で軽くなでるくらいの加減が必要なのです。

確かに、強く擦ると頭皮の汚れを落とすかもしれませんが、同時に痛めてしまうこともあります。

使用するシャンプーはよく泡立ててからマッサージするように洗うのがベストです。

また、トニック系のシャンプーを使用すると、ハッカの効果でスッキリとした爽快感が出ます。しかし、爽快感に押されて洗髪やトリートメントが疎かになってしまうことも少なくありません。

洗髪後にタオルで強く擦るように拭くことも、脱毛を促してしまいます。

濡れた髪を拭く時は頭皮や髪の毛を傷つけないように、水分を取るくらいの気持ちで、軽く叩くように拭くように工夫しましょう。

また、髪を乾かす時にも注意が必要です。

ドライヤーを使用するときに、長い時間熱を与えると、毛髪は乾燥してしまい保湿がなくなってしまいます。ドライヤーを使用するときはなるべく頭部から離して、乾かすように心がけましょう。

毛髪を保護する時は、リンス・トリートメント・コンディショナーがあります。

どれも同じだと考えている人もいますが、それぞれで作用が異なります。

① リンス:配合されている油分で、毛髪の表面を保護します。
② トリートメント:表面の保護をしながら毛髪の内部まで浸透し、栄養を与えます。
③ コンディショナー:毛髪の保護をしながら、表面のコンディションを整えます。

それぞれの特徴を活かしながら外部刺激にダメージを軽減することにより、脱毛促進を抑制するように心がけましょう。

洗髪だけではなくトータル的にしっかりとスカルプケアができれば、育毛効果を出せる環境になっています。

育毛に必要な成分はフィナステリドとミノキシジルが有効です。

育毛剤の主要成分として注目されているので、配合されている製品を選んでみるのが良いと思います。

若年性脱毛症は、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの増加が脱毛の原因となっているので、ホルモン抑制剤の利用で改善することが可能とされています。

カルシウム・イソフラボン・マグネシウム・ビタミンE・亜鉛などがホルモンバランスを整える働きをもち、髪の毛には良い成分とされています。

特に亜鉛と植物性タンパク質を摂取できる大豆は若はげ予防食材として大活躍してくれます。

このページの先頭へ