若はげの原因はここにあった!毛髪の構造にせまる

若はげの原因の一つに、必要栄養素の不足があります。

10代男性の若ハゲが増加している一方、女性の若ハゲもまた多くなっています。その一番の原因は、生活習慣の変化による髪の毛の栄養不足です。

髪の毛というものは、18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質で構成されています。栄養素としての、たんぱく質が不足すると髪の毛の栄養が不足します。その結果髪の毛がやせ細る・薄毛や成長せずに抜けてしまう若ハゲになってしまいます。

現代人の食事は、たんぱく質そのものはたりています。ただ、消化吸収するためのビタミン、ミネラル、などの栄養素が不足気味なのです。
大豆や魚などの吸収効率の良いたんぱく質ならよいのですが、動物性の肉は吸収効率が悪いため、多くのビタミンが消費されます。

どうしても野菜が不足しがちと言う人は、野菜ジュースを飲むことをおすすめします。野菜ジュースは必要な栄養素をすばやく吸収できるためおすすめです。また、サプリメントでは、大きく吸収効率がおちますので、野菜そのものからとるのが理想的です。栄養不足以外でも、魚や大豆以外からとるたんぱく質があります。

牛肉や豚肉は脂分も多く含むため、頭皮の皮脂を出しすぎてしまって毛穴を詰まらせてしまうことも言われています。

毛穴が詰まると、炎症をおこしたり、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。そうなると薄毛の進行を早めることになってしまいます。

偏った食事をしている人は、代謝機能のバランスが崩れ髪の毛の成長サイクルにも影響を与えます。

まずはそういった食事を見直し、栄養不足による若はげを防止しましょう。
「毛乳頭」に「毛母細胞」が発毛に大きく関係します。

「毛母細胞」は「毛乳頭」から栄養や酸素を受け取ります。そして、それを栄養分として頻繁に細胞分裂することで、髪の毛となって成長していきます。その「毛乳頭」に栄養を届けているのが血液です。つまり、頭皮の血液の流れをよくし、「毛乳頭」に栄養を与えることが重要なポイントとなってきます。

髪の毛には、成長期、休止期、退行期、と言うサイクルが存在します。
「毛乳頭」に十分な栄養がいかなければ、「毛母細胞」が活発に髪の毛が出来なくなります。
そうなると、髪のが乱れてしまいまだ育っていない髪の毛が抜けてしまいます。

十分成長する前に抜けるわけですから、当然抜け毛も多くなって髪の毛の量も減ってしまいます。

「毛母細胞」は、そう簡単には死にません。
はげている人でも、「毛母細胞」はしっかりと生きています。あきらめずに、毛の薄い部分の「毛母細胞」が活性化されて、毛が再生され始めハゲが改善される可能性が高いと言うことも忘れないでほしいものです。

このページの先頭へ