若はげとヘアサイクルの関係

若はげと称すると、何故か不安感が出てきます。

強力な薬を服用していると副作用で毛髪が抜け落ちることもあります。
若ハゲは、遺伝性の可能性が非常に大きいです。しかし、何故若くして毛髪が抜け落ちてしまうのでしょうか。

本来ならば、健康で新陳代謝も活性している年齢層です。遺伝性であっても、生まれた時から毛髪が大量に抜けたりはしていません。

考えられる原因の1つとしてストレスがあげられます。周りからの重圧感や圧迫感に耐えられないと蓄積されていきます。一概には言えないのですが、現代の若はげが急増しているのには社会環境にも問題があるとされています。

日本が貧しい頃は、民衆はそれなりの精神力を持ち暮らしていました。これが現代になると、物資が溢れ苦労しなくとも生活が出来るようになっています。つまり、我慢強さが失われつつあるのが現状なのです。特に精神的に追いつめられると、精神疾患を患い立ち直ることも難しくなっています。

ストレスを感じても、解消する術を持たない人も増えているのです。このことが原因で、新陳代謝に異状を起こし、体内の成分が身体に循環しないようになっています。

必要な栄養素が身体に回らなくなれば、当然の如く毛髪にも栄養が行き届きません。栄養素が循環しなくなると、毛髪は育つことが出来ないのです。言わば、毛髪の栄養失調が抜け毛の原因となっているのです。

正常なヘアサイクルは、脱毛後に成長期があり毛髪を長く太く育てますが若はげは、ヘアサイクルの成長期が極端に短縮されてしまいやせ細った髪の毛しか育ちません。

改善する方法は、脱毛した後の休止期にある毛根に必要栄養素を届ける他ありません。毛根が育たなければ、産毛の状態から脱毛を繰り返すことになります。

この悪循環を解消するには、精神的ストレス・肉体的ストレスを蓄積しない生活をすることが大切になってきます。

精神的ストレスは楽しい出来事や、趣味を見つけることで次第に落ち着きます。また肉体的ストレスは、睡眠時間をしっかり与えることで改善することが可能です。

しかし、このストレスを楽しいと思える人もいます。
肉体的に疲労があっても、それを達成感で補える精神力を持っているからです。

精神力を向上させることで、様々なプレッシャーに抗える人物を育てることもあります。

要は個人が如何に物事を捕らえるかに掛かっているのです。若はげを改善するには、臨機応変に対応できる気持ちの余裕を持つことが大切です。
ストレスを感じたら、蓄積しないように生活のリズムを整えてみましょう。

このページの先頭へ