本当にハゲは遺伝するのか?

「本当にハゲは遺伝するのか?」

果たして、若ハゲは本当に遺伝するのでしょうか?

確かに生命の誕生は親から受け継いだDNAで構成されています。したがって、若はげに遺伝的な要素がまったくないことはありません。

お父さんもおじいさんも頭髪に悩んでいた系統の人は、残念ながら、若はげになる確率が高いとは言えるでしょう。しかし、必ず若ハゲに悩まされると決め付けてしまって、諦めるのはよくありません。

親族が頭髪に悩んでいるなら、自分は悩まずに済むように注意して生活すればいいわけです。

少し話は変わりますが、背の高さについて考えてみましょう。

両親はそれほど長身ではなくても、子供は驚くほど背が高くなる場合があります。このようなことは、子供の頃からよく運動したり、食生活を改めるだけでも効果が現れるのです。

遺伝子のレベルではどうしようもなくても、生活環境の違いが大きな差になるのです。

育毛によくない食事として代表的なものが、脂っこいメニューです。日本も近ごろは、食生活が欧米化している傾向にあります。一説では、これが原因で頭髪に悩む欧米人が多いとされています。

日本には、せっかく和食と言う素晴らしい文化があるのですから利用したいものです。

タンパク質の中に存在するアミノ酸は、毛髪にも含まれる大切な成分です。豆類は、育毛にはとても有効です。その中でも、納豆はキングとも言うべき食品ですので積極的に摂取するように心がけましょう。

肉類は調理も簡単ですし、美味しいですが育毛という概念からいうとあまり好ましくはありません。どうせ同じ脂分なら魚類の方がおすすめです。それはタンパク質を支える亜鉛を豊富に含んでいます。

食生活の改善だけでは不安な人は、悩みを抱えてストレスを感じる前に育毛剤を使うこともできます。

育毛剤といえば、厚生労働省が使用を奨励するするものがあるのを知っておくと失敗がありません。「ブブカ」という育毛剤です。

すべての薄毛や若ハゲの原因を分析して開発されているのです。

注目の成分というのが、M-034です。

この成分は、昆布やもずく、わかめなどの海のネバネバから抽出したものです。血管を促進して育毛をもたらし、毛の退行を誘導し、脱毛につながるFGF5に待ったをかけてくれるのです。

育毛剤を使う前には、頭皮の血行をよくするマッサージを施しておきましょう。マッサージのタイミングは、お風呂上りがオススメです。お風呂で血行がよくなっているので、マッサージの効果がダイレクトに伝わってきます。それにより、栄養素が毛髪にも届きやすくなります。

疲労やストレスで血行が悪いと、頭皮を押すと痛みを感じることがありますよね。遺伝で頭髪に不安を感じている人は、早めの対策が大切です。自分の髪質や毛穴の状態を定期的に検査するのも良いかもしれません。

大切なことは「遺伝だから・・・・・」と絶望するのではなく、すぐに行動にうつすことです。

このページの先頭へ