遺伝性からくる若はげ

男性の若はげは、「男性型脱毛症(AGA)」と言われています。

現在は薬局で買える育毛剤やシャンプーもあり、必ずしも病院で処方してもらう必要もなくなりました。

「男性型脱毛症」の年齢別発生率は、20歳から29歳で6%となり、30歳から39歳で12%、40歳から49歳で32%と言う風に歳を重ねるごとに高くなっています。

若はげの原因の一つに遺伝性というものがあります。もちろん遺伝性の原因も大きいのですが、環境要素も強いと言われています。

自分自身の何が若はげ原因になっているのかを見つけて、それを改善する必要があります。

食事なのか?ストレスなのか?煙草の吸いすぎなのか?はたまた運動不足なのか?それを見つけて取り除いていかなければなりません。

あらゆる要因が頭皮に関わっておりマイナスになっている要因を排除する必要があるのです。

若はげの原因となっているものの1つに生活環境があげられます。

3番目の原因としては、年齢、体質、髪の毛の質などがあげられ、「複合型」と言われるものがあります。

男性ホルモンの受容体の感受性が強いうえに、環境的要素が組み合わさっているということです。

この場合、男性ホルモンは父型の遺伝を受け継いでいるようですが母型からしか受け継いでいません。

父親といくら似たような顔をしていようとも、若はげは父型から遺伝しないという訳です。ただし、大酒のみや夜更かしと言ったものは、見事に受け継ぎます。

若はげを引き起こすのは「テストロステン」と呼ばれる男性ホルモンがより強力な男性ホルモン、「ジヒドロテストステロン(DHT)」が原因となっています。

「ジヒドロテストステロン(DHT)」の元となる「テストロステン」は男らしさを作る男性ホルモンです。

ひげやすね毛など、体毛を成長させたり、筋肉や骨の発達を促したりする役割を持ちます。その他の役割として、男性器を発達させたり、精子の生成などがあげられます。

若はげに悩む男性は世界中にたくさんいます。

若はげになる原因は煙草や生活習慣などいろいろありますが、栄養と血行にも同じように意識しましょう。

若はげの原因には確かに要因の1つとして遺伝があげられますが、原因のすべてが遺伝ではありません。

若はげだからと言って、すべてを遺伝のせいにするのは早計です。

まず、自分の日常生活を見直して生活習慣の改善を心がけましょう。

若はげと髪質の関係は、髪質が硬いからや、柔らかいからと言ったことはあまり関係はありません。

ただ体毛の多い、少ない、と抜け毛の関係は多少あるそうですが、絶対的なものではありません。

頭皮は薄くても、体毛は濃い人もたくさんいますので・・・。

このページの先頭へ