育毛剤の正しい使い方を学び、若ハゲとお別れ

若い人でも帽子を被って、髪の毛が薄いことを隠したがる人を見かけます。

実は40代より上の歳の方よりも、20代や30代の方が薄毛に関することで治療する人が多いのです。
今回は、若年層でも起きる脱毛がどのようなものなのか、そして対処方法として育毛剤の使用方法について考えていきましょう。

育毛剤の正しい使い方

育毛・発毛目的で、多くの人が育毛剤を使用しています。
今現在は、育毛剤の種類も豊富で、育毛剤を販売している会社も数多く存在しています。
その中から、自分に合った育毛剤を探すのは大変です。
仮に自分に合った育毛剤が見つかっても、その使い方が間違っていたら何の効果もありません。

そこで今回、育毛剤の正しい使い方を簡単に紹介します。

育毛剤の塗布するタイミング

育毛・発毛効果を得るのには、塗るタイミングが重要です。
どのタイミングが一番効果的かというと、お風呂上りの直後です。
なぜかというと、髪の毛は夜の10時から2時の間が成長のピークだと言われています。
なので、その時間帯に合わせるように睡眠を取ることが理想的です。

育毛剤の塗布前の注意点

育毛剤の効果を最大限に得たいのであれば、頭皮を綺麗にしておく必要があります。これは基本です。
頭皮が汚れていると、どんなにいい育毛剤を使っても何の効果もありません。
逆に、頭皮が綺麗な状態であれば、より高い効果が期待できます。

育毛剤の塗布方法、塗布後のケア

育毛剤の塗布方法は、髪の毛ではなく、頭皮のほうに直接塗布するのが効果的です。
塗布後は、必ずマッサージするのがいいです。
ただ単に育毛剤を塗布するだけではなく、マッサージするほうが血行促進になり、頭皮全体に栄養が行き渡ります。
その結果より高い効果が期待できます。
マッサージ方法は、爪を立てるのではなく、指の腹を使って優しくマッサージするのがコツです。
マッサージ時間は、1回5分程度が理想的です。

育毛剤の使用期間

育毛剤は、使ってすぐに効果がでるというものではありません。
早く効果がでる人もいれば、なかなか思ったとおりの結果がでない人もいます。
つまり個人差があるのです。
しかし、人の発毛リサイクルは3~4ヶ月だと言われています。
なので、最低でも3~4ヶ月は続けるべきです。

注意点

育毛剤には、医薬品と医薬部外品があります。
特に医薬品を使う場合は、十分気を付ける必要があります。
一日でも早い効果を期待して、自分勝手に使うと副作用を引き起こす可能性もあります。
説明書通りの用法・用量を守ることが大事です。
それでも効果が得られなければ、一度医師に相談してみることをオススメします。

このページの先頭へ