若はげにおける育毛剤の効果とメリット・デメリット

若はげが増えてきた現在。増えてきた若はげと同様に育毛剤も急増しています。

ちょっと前まで「若はげは遺伝だから仕方がない!」と言われていました。

ですが、現在は「頭皮医学」が進歩して、クリニックに行けば髪の毛を増やすことも出来るようになりました。

今は、「現代病」と言っていいほどのストレス社会です。

上司と部下の関係や、顧客との人間関係など、精神不安定な状態を作ることも若はげの原因となることがわかってきました。

その他にも、頭皮改善の育毛シャンプーや育毛剤も以前と比較すると成分が圧倒的に進歩しています。

若ハゲと言うのは、一種の体質であり遺伝的要素が大部分を占めていると考えられていましたが、現在では自宅に居ながらでも頭皮が改善できるようになりました。

それが「育毛剤」です。

育毛剤のメリットと言えば、当然ながら髪の毛が生えることに効果が期待できるこということでしょう。

デメリットは、自分の肌と育毛剤があっていなかった場合、効果が得られないどころか場合によっては、頭皮が炎症してしまうなどの副作用が発症してしまう可能性があるということです。

育毛剤は長く使い続けると、頭皮がダメージをおってしまうほか肌トラブルのもとになります。

頭皮は人によって強い弱いがあって、育毛剤に含まれる成分が自分の肌にあうのかどうかや、時にはアレルギー反応を起こすこともあります。

一口で育毛剤と言っても、いろいろな種類があり、毛穴の洗浄が目的や血行促進が目的、細胞分裂の促進が目的など育毛剤の効能は商品によって様々です。

ですので人気がある商品だからと言って安易に購入を決めてしまうのは良くありません。また、育毛剤だけで何とかしようと言うのは、無理があります。

適切な運動や十分な睡眠、規則正しい生活習慣を身につけたうえで、育毛剤を使うとより効果が期待できるでしょう。

育毛剤の副作用としては、育毛剤には「ミノキシジル」と「塩化カルプロニウム」と言う成分がよく含まれています。

この成分は本来、血圧症の患者の治療薬として血圧を下げる作用を持っています。そのために、育毛剤の薬剤を頭皮に噴射します。

加えて、塗り込んだりする場合は血圧を下げたり心拍数を上昇させる副作用が予想されます。また、まれにかぶれや湿疹と言ったが頭皮に現れることもあります。

健康体の人にそうゆう症状が現れると、めまい、吐き気、嘔吐、頭痛、手足のしびれなどが確認されています。

もし、育毛剤の使ったことによって副作用があった場合は、使用を中止し、医師の診断を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ