若はげの頭皮の状態

若はげと称される毛髪の状態は数種類に分類されます。

最も目立つのはM型の脱毛症で、自分が鏡に映ると一目瞭然です。

生え際から徐々に頭頂部に向かって進行していくので、薄げになるスピードが速いように感じてしまいます。

脱毛症はゆっくりと進むのが通常で、一度に大量に抜け落ちるのは極度のストレスが考えられます。

頭頂部に症状がでるのはO型の脱毛症です。

自分で確認する時は、置き鏡の前で手鏡を利用するしかありません。

脱毛症のO型は、つむじ周りを中心に広がっていくタイプです。

普段は自分で目視出来ないので、余計に周りの視線が気になってしまいます。

この周りの視線が気になりだすと、余計にストレスになります。

ストレスはさらなる脱毛症の原因となるかもしれません。

生え際と頭頂部が同時に薄毛になってしまうと、育毛期間は長期間必要になってしまいます。

脱毛症が重度になると育毛剤を使用しても、なかなか治療できません。

精神的ストレスから脱毛症になるケースも急増しています。

精神的ストレスを解消する方法として、メンタルケアも必要になってきました。

カウンセリングを受けることで、悩みや不安を和らげます。

人に話すことによって、精神を安定させることを目的にしているようです。

また、脂性といわれる体質の人も、若はげになる可能性が高く、原因としては皮脂の過剰な分泌により毛穴を詰まらせることにより髪の毛の成長を妨げるからです。

頭皮の毛穴から分泌される皮脂は、外部刺激から皮膚を守る役割をするのですが、量が増えると毛穴を詰まらせてしまうのです。

このように頭皮が荒れている状態では、育毛に取り組んでも効果が得られないことがあります。

シャンプーは石油系から作られる製品を避けて、刺激が少ない無添加製品を使用するのが無難です。

毛髪が乾燥してハリやコシが無い状態は、トリートメント、コンディショナーを利用して保護するように心がけましょう。

若はげを隠すアイテムで、ヘアスプレーで着色するものがあります。

薄毛部分に噴霧するだけで、濃い毛髪を表現できる優れものです。

しかし、毎日使用すると汚れとして頭皮に沈着してしまうので、頭皮を洗うときは念入りに着色料を落とす手間が増えてしまいます。

頭皮へのダメージを考えるなら、育毛に取り組むことを考えるのが妥当です。

頭皮マッサージ・育毛シャンプー・育毛剤・育毛サプリメントまで、育毛に必要なカテゴリーは様々です。

薄毛になった原因を確認して、効率の良い育毛方法を探し薄毛を改善しましょう。

このページの先頭へ