睡眠と食事を改善して若はげを予防

「生活習慣を改善して、若ハゲを予防しよう」

現代の日本では、20歳代~40歳代までの間に深刻な脱毛に悩んでいる人が多くなってきています。

この脱毛の原因として、不規則な生活習慣があげられます。

なるべく早い段階で育毛を促進して、脱毛をストップさせるような生活習慣に変えなくてはなりません。育毛剤や、治療薬の力を借りて、一時の脱毛を防いだとしても根本的な若はげの解決にはなりません。

若ハゲの予防には、質の良い睡眠が重要

髪の毛が一日のうちでいちばん活発に育つ時間帯をご存知でしょうか。それは22時~4時の7時間です。

人間は他の多くの動物と同じように朝の太陽に反応して、起き出し行動を開始します。身体の細胞を健康に保つのに、日光浴は欠かせないのですが、あまり知られていないようです。

昼と夜が逆転している生活を送っていると、デリケートな毛髪にも良くありません。

人間が一日を一生懸命に生活すれば、自然に疲れを感じて眠気を覚え始めます。翌日のための体力温存の時間が、ちょうどこの7時間にあたります。

身体の中に刻まれている体内時計に背いて生活していると、当然に体調不良を感じやすくなります。昼間はどんどん動き回るために、交感神経が活躍しています。

夜は副交感神経が活躍していますから、若はげの予防には副交感神経が大切だと分かります。

もし就寝できない事情があったとしても、少しだけでも身体を休ませる努力をしてみましょう。本当には深い眠りにつかないとしても、身体が休めていれば心配はいりません。

自分がリラックスできる姿勢であれば、どんな体勢でも構いません。それだけでも髪の毛にとっては、嬉しい結果が望めます。

睡眠不足が数日間も続いてしまうと、神経が過剰に反応してストレスがたまっていきます。この時、ストレスから身体を守るためにエネルギーが使われてしまいます。

つまり、その分だけ髪の毛に栄養が回らなくなるわけです。

ストレスは時として、暴飲暴食や食欲不振を招いてしまいます。これでは、身体の中に栄養素が正しく行き渡りません。

栄養不足が原因となり、新しい毛髪が伸びてきたとしても細くて抜けやすくなっています。これは、育つ速さよりも抜ける速さの方が勝ってしまうためです。

毛穴にしっかり毛髪が定着していないので起こる現象なのです。

このように、若はげと生活習慣は切っても切り離せない関係にあるのです。

このページの先頭へ