若はげ改善させるには

若年性脱毛症(若はげ)に悩まされる若者が増えてきました。

薄毛が気になって過剰なストレスを抱える人もいます。

脱毛症の進行を抑制する方法は、新陳代謝を改善するのが最良だといわれています。

生活習慣を規則正しくすることで血行を促進することが出来ますが、ストレスは気分転換になることを見つけることしか出来ません。

しかし、喫煙や飲酒がストレス解消になってしまうと薄毛を進行させる要因になってしまうので、急に止めるよりも徐々に減らしていく工夫が必要です。

外部から毛母細胞に働きかける方法として、育毛剤や育毛シャンプーがあります。

育毛シャンプーは頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除いて、育毛を促進させる方法です。頭皮の洗浄と共に育毛に必要な栄養分を送ることで改善されるケースもありあす。

噴霧やローションで頭皮に染み込ませ、直接必要栄養分を与える方法が主流ですが、育毛剤は主要配合成分が異なるので、効果に個人差が大きく改善する場合もありますが、ほとんど効果が得られない場合もあります。

最も育毛促進効果に期待させる成分は「フィナステリド」と「ミノキシジル」で、現時点でこの2台成分より若はげを治す方法はありません。

しかし、どの製品にも共通していることが、育毛効果には個人差がり効果が現れない人もいるので注意が必要。

育毛剤の副作用で、薄毛の範囲が広がった人もいるようですが、大半は皮膚がかゆくなったり、赤くあったりするなどの軽症です。

副作用が出るのはアレルギー反応が考えられるので、使用する前に配合成分表を良く確かめておくことが大切です。

次に若はげを治す方法をして育毛サプリメントを利用すといったことがあげられます。

体内からだと育毛効果が少ないと思われがちですが、必要栄養分を摂取することで、血流促進と共に毛母細胞を活性化することができます。

通常は粒状のサプリメントが多いのですが、より効果を出しやすくするためにドリンクタイプも市販されています。

育毛剤や育毛サプリメントの効果には、有る無しの意見があり結果として賛否両論なのが伺えます。

脱毛症の症状と、自分に合った育毛効果のある主要成分を見つけるのには時間が掛かるようなので、計画性を持って使用するのが良いです。

変わった方法としては、育毛鍼灸などもあります。

育毛剤やサプリメントの効果が無かった人が試してみるのもよいでしょう。

効果があるのか心配している人も多いようですが、ツボを押して皮膚から神経に刺激を伝達して、新陳代謝を活性化させるという方法なので直接育毛効果を出すというよりも、育毛に最適な環境を整えることにより、発毛を促していきます。

自分に合う育毛方法が見つかれば、脱毛症を解消できるかもしれません。

このページの先頭へ