若はげの原因をミノキシジル・ノコギリヤシで解消

「AGA」と言うのは、男性脱毛症のことです。
「AGA」の治療薬として、「ミノキシジル」や「ノコギリヤシ」といった成分の薬があります。

「ミノキシジル」は塗るタイプと飲むタイプとあり、初めて使用する場合は副作用が少ない塗る「ミノキシジル」からの使用をオススメします。

「ミノキシジル」は、血管拡張、発毛サイクルに働きかけます。

そのためヘアサイクルがリセットされ一時的に脱毛が増える場合があります。このことを初期脱毛といいます。
何度の繰り返し説明していますが、若はげの治療は長い時間が必要となります。もしじっくり取り組めないようなら「ミノキシジル」を改めた方がよいかもしれません。

「ミノキシジル」入りの薬剤では、1%だと効果が実感できない場合もあり、10%ですと副作用が懸念されています。

発毛促進に効果が表れ始めたら3か月ほど様子を見て、若はげの原因が「AGA」じゃないと考えられる場合や体質に合わないと考える場合は、使用を中止しましょう。

あわせて飲むなら、マルチビタミンやノコギリヤシ、亜鉛などの相性が良く相乗効果が期待できます。

副作用の例として、頭皮のかぶれ、かゆみ、手足のむくみ、血圧の低下、あげられます。

飲む「ミノキシジル」のタブレットタイプより塗布するタイプのものが副作用は軽度とされていますが、その分効果も劣るとされています。最終的には自己判断となってします。

また、発毛効果の高さから、使用量を大幅に上げてしまう場合があると思いますが、副作用のことを考えるとあまりオススメはできません。

「飲むミノキシジル」+「塗るミノキシジル」などは最終手段として考えられておきましょう。

飲む「ミノキシジル」も注意点としては、塗るタイプに比べて飲むタイプは、発毛に効果がたかい反面、副作用も大きいと言われています。

塗るタイプで効果が出ない、それでも使い続けたいと言う場合のみ使用してください。

副作用としては、血圧低下、体毛の増加、めまい、かゆみ、が認められます。

「ミノキシジル」はもともと高血圧の治療薬として発売されて、のちにAGA の治療薬として使われるようになりました。

「ミノキシジル」はもともと低血圧の人や飲酒をする人には注意するべき成分なのです。

また、頭に塗るタイプとは効果が異なり、効果が全身に出てしまうので体毛の増加や体毛が濃くなるなどの副作用などが予想できます。

一方、「ノコギリヤシ」は北米大陸の原住民のインディアンが昔から髪が黒々としていて、美しいから使われるようになったと言われています。

「ノコギリヤシ」は日本では医薬品として認可されていません。

ただ、様々な効果があるということは知られています。

「ノコギリヤシ」は天然成分ですので、ミノキシジルで副作用が出やすい人にはいいようです。

このページの先頭へ