生活習慣からくる若はげ

最近若はげになる人が増えてきているといわれます。

その原因として、昔と違い最近の男性はもおしゃれに気を使う人が増えているということがあげられます。

オシャレの1つとして「朝シャン」があげられます。髪の毛の構造上、洗髪をするとキューティクルがひろがります。このキューティクルハ髪の毛が乾いてくると徐々に締まってくるのですが、キューティクルが広がっている状態で外出し紫外線をあびてしまうと、極端に髪の毛を痛めることになります。

対策としては「朝シャン」の後は、最低3時間は外出しない・・・というのが望ましいですが、現実的ではないと思います。代替案として有効なのが、通気性のある帽子をあぶることがあげられます。

どうしても帽子は頭皮が蒸れがちになってしまうので、たまには、日の当たらない場所では帽子を脱いで頭皮の蒸れを防ぐのも大切です。

正しいシャンプーの仕方は、朝するのではなく、寝る前にゆっくりとシャンプーをして十分すすぎ、しっかり乾かすことです。とくにすすぎは大切です。

また若はげ対策では、シャンプー選びも大切で、弱酸性のアミノ酸入りのシャンプーか、植物性のシャンプーをお勧めします。

若はげ対策としては、他にも日々の生活習慣を見直すことがあります。

今では、欧米の食事の浸透が進み動物性のたんぱく質の摂取や脂肪の取りすぎが若はげの原因としてあげられます。

特に若い人に人気がある、コンビニで売られているインスタント食品などが大きな原因の一つとなっています。

栄養バランスをとることが大切なのですが、意外と難しいものです。

若ハゲ対策によいとされる食品は、豆腐、果物、黒ゴマ、わかめ、豚肉、などがありますが栄養バランスのとれた食事をするためには、栄養士さんや、市町村の無料窓口を使ってアドバイスをもらうのも良いでしょう。

それと暴飲暴食はもってのほかです。

またストレスをなるだけためないような生活をすることも若はげには大切な対策となります。

現代社会において、ストレスは付きまといます。ストレスは血管を収縮させ、血流を悪くさせます。髪の毛は血液から栄養をうけとって育つので、血流がわるくなると当然髪の毛の成長に影響をもたらします。

ストレスは、人それぞれその内容が異なるので、これといった解決策は残念ながらありません。ただ共通していえることは自分の趣味や好きなことに没頭することです。そうすることにより、ある程度はストレスが緩和されるはずです。自分なりのストレス解消法を早く見つけることが大切です。

睡眠不足も毛根にとって悪影響を及ぼします。

髪の毛は寝ている間に育っているのです。

このように、若はげと生活習慣は密接に関わりあっています。若はげ対策はまず、髪の毛のついて勉強することから始めましょう。

不安にまかせて適当に育毛剤を使っても意味がありません。

育毛、増毛に関しての正しい行動は髪の毛をよく知ってからでも遅くはないのです。

育毛に関しては、育毛剤もいろいろりますが、まずじっくり調べて使うことをお勧めします。

このページの先頭へ