スカルプシャンプーで若はげ対策

テレビのコマーシャルなどで、「スカルプシャンプー」をよく見かけるようになりました。

抜け毛の予防で、スカルプシャンプーを使い始めている人も多くいます。また、もうこれ以上は深刻な抜け毛に悩みたくないからこそ、始めるわけですが、抜け毛を自覚して薄毛を進行させたくない人にもオススメです。

スカルプシャンプーは目に見える発毛がストップしてしまった毛根に、栄養を与え刺激することで発毛を促すことができます。

毛根が完全に機能を停止していることは基本的にはありませんので、頭皮を清潔に保ち、皮脂分泌の量を抑えることで育毛できることもあります。

しかし、皮脂分泌を抑えすぎるとフケが発生してしまう可能性があるので洗髪のしすぎには注意が必要です。

フケは頭皮の乾燥が原因で発生します。
若はげの予防にも、進行を止めるためにもスカルプシャンプーが活躍してくれます。

頭皮の健康を保つことが、若はげ予防に大切な要素となるのです。

「なんとなく頭皮がベタベタする」
「毎日ちゃんとシャンプーをしているのに、髪の臭いが気になってしまって困る」

などの悩みがある人に使用をおすすめします。

これらの悩みは、「若はげ」の前兆なのです。
「スカルプシャンプー」は、医学的な観点から頭髪に良い成分を多く配合しています。

「若はげ」の根本的な原因は、男性ホルモンの栄養でヘアサイクルが乱れることが原因とされていあす。

毛周期の異常は、「スカルプシャンプー」で洗髪を続けることである程度改善されることが期待できます。また頭皮を洗浄して、髪が育ちやすい環境を作り出してくれるのです。

では、頭皮をしっかり洗うとはどういうことでしょうか。

「スカルプシャンプー」なら、髪に必要な成分であるアミノ酸で、頭皮の汚れを取り除けます。
原液を直接頭皮に付けるのではなく、手のひらでしっかり泡立てて洗うことを意識しましょう。そうすることにより泡が髪を洗うと同時に頭皮の汚れをしっかりと洗ってくれるのです。

そして、大切なことは爪を立てずに髪を洗うことです。爪で頭皮も毛根も傷つけてしまう可能性があります。指の腹でしっかりマッサージすることで、血行も良くなり育毛を促進します。

そして、洗髪における一番重要なのがすすぎです。
せっかく頭皮も髪もきれいになっても、シャンプーの成分が頭に残ってしまっては意味がありません。頭皮に洗剤が残ってしまうと、それが、ふけや痒みの原因となり、若はげを進行させてしまう可能性さえもあるのです。

シャンプーを洗い流すときも、しっかり流しきるように心がけましょう。

その後は乾かすことも大切です。

ドライヤーで髪を乾かしずぎると、髪を傷めてしまうと思う人もいるかもしれません。しかし、反対にまったく乾かさないのも考えものです。
自然乾燥にすべてを任せてしまうと、髪も地肌も痛んでしまう原因になります。

水による刺激も、髪と頭皮を痛める原因になることがあります。

髪のキューティクルを守るためには、熱風で一通り乾かした後は、冷風で再度乾かします。
そうすることで、キュッとキューティクルが引き締まるのです。温水・冷水による交互の洗顔が、肌に良いのと同じ考え方ですね。

このページの先頭へ