若はげを食事で改善

若ハゲになる原因の一つに生活習慣の乱れがあります。

この生活習慣に有る食生活の乱れも若ハゲの要因となっているのです。

健康に気をつけている人ならば、栄養バランスを考えた食事をしているのでしょうが、中には暴飲暴食が止められない人もいるようです。

適度のアルコールの摂取は血行を促進させる作用があるのですが、超過してしまうと肝機能に支障を与え、新陳代謝を低下させてしまいます。

不規則で偏った食事も身体に悪影響が出ます。

特に肉類を中心に油分が多いものばかりを食べていると、血が濁りやすく血行が悪くなってしまいます。

新陳代謝の低下と血流低減で、血中にある栄養分が頭皮まで行き届かなくなるのです。

頭皮に栄養分が運ばれなければ、毛髪を育てることはできません。

この頭皮に悪影響を及ぼす体内の悪循環を改善するのに、食事療法を取り入れると良いといわれているのです。

薄毛の改善には海藻類が良いといわれています。

海藻類のミネラル分が育毛に効果があると考えていたからです。

しかし、毛髪の大半はタンパク質で構成されています。

このタンパク質に含まれるアミノ酸が毛髪に深く関わっているのです。

より多くのアミノ酸を補充するには、卵や赤身の肉が適切なのですが、動物性タンパク質は中性脂肪と変化するので植物性タンパク質を食するのが無難です。

植物性タンパク質を最も多く含んでいるのは大豆で、畑の肉と呼ばれています。

近年の若ハゲ対策の研究で、育毛成分に必要なのは亜鉛だと認識されるようになりました。

亜鉛が減少してしまうと、細胞分裂や再生に支障が出てしまいます。

この亜鉛を補充することで効率良く、ケラチンというタンパク質を毛髪成分へ変えることが出来るのです。

亜鉛を豊富に含んでいる食材は牡蠣です。

牡蠣は海のミルクと呼ばれ、タウリン・グリコーゲン・カルシウムなども多く含まれています。

健康維持にも万能な食材なのですが、季節的に生産されるので高価になることもあります。

1日に必要な亜鉛の量は15mgで、大豆を使った料理で十分補うこともできるようです。

ドリンクでは抹茶や緑茶がよいといわれています。

若年性脱毛症になってしまうと、ホルモンバランスを整える必要があるようです。

ホルモン分泌量を抑制するには、必要成分を多く補充する必要があります。

食材で補うことが困難な場合は、サプリメントの利用も考えると良いです。

脱毛症を改善することで、精神的ストレスを解消することができます。

このページの先頭へ