若はげの症状と対策

髪の毛が薄くなるのは年配になってからというイメージが強いとおもいます。しかし、若年層で髪の毛の薄毛に悩む人も多くいます。

女性にモテない要素の一つとして捉えられるだけでなく、いろいろな意味で寂しい気持ちになるものです。

若はげの一般的な症状は生え際がM字になることです。その他にも頭頂部やつむじから薄毛が広がる、もしくは全体的に薄くなるといった症状が発生します。

AGAの場合は生え際から薄くなるケースがほとんどです。もっとも男性ホルモンの影響を受けやすいのもは、後頭部ではなく、前方からなのです。

頭頂部と比較して、生え際の後退は治療で改善が難しいといわれています。そのため、「おかしいな?」と思ったら、すぐに情報を収集して薄毛対策を始める必要がありそうです。

薄毛を気にし始めた方が、まず手始めにする対処法が「育毛剤」となるとおもいます。しかし、「育毛剤で改善されたことはありますか?」と聞いてもほとんどの方が「いいえ」と答えるでのです。

あれだけ、CMなどで大きく告知をしているのになぜなのでしょうか?

それもそのはず、市販されている育毛剤は数千種類にもなるのです。その中で効果がある育毛剤は1%未満と言われています。

つまり、ほとんどの確立で薄毛に対して効果で出ていないと言えるのです。実は、厚生労働省が発毛効果を認めている成分入りの育毛剤でも効果が全くないものもあります。

特に頭頂部には効果があっても生え際には効果がないなど、育毛剤は自分の状況が踏まえた上で慎重に選ばなければいけません。

若はげ予防という意味では、本当に生える育毛剤を使用することで薄毛の進行を抑えることができるようになります。特に薄毛に効果が高いと言われている栄養素があります。

若はげ予防にL-リジン

それはL-リジンです。L-リジンは体内では作ることができない必須アミノ酸の一種です。

これは、髪の毛の主成分でもあるたんぱく質を生成するのを助けてくれます。またL-リジンには様々な健康効果が認められています。さらに、L-リジンだけでも薄毛が改善されることが科学的にも証明されています。

育毛剤との相性がよくL-リジンと併用することで育毛剤との相乗効果を期待することができます。L-リジンには全く副作用がなく、サプリメントでも販売されています。

プロぺシアやミノキシジルに抵抗がある人でもでも安心して摂取することができると思います。

どれだけ髪の毛が生えてきたとしても健康に害がでるようなことがあっては、本末転倒です。慎重に選んで、若さあふれる風貌を保ちましょう。

このページの先頭へ