若ハゲ対策は出来る?

若ハゲになるとは、誰もが予想などしていません。

突如訪れる薄毛地帯の症状に驚く人ばかりです。
若はげの多くはAGAと呼ばれる男性型脱毛症の部類に入り、改善するには長期間を要します。

このAGAには共通の特徴が数種類あります。

◎生え際から頭頂部に向かって、ハゲが進行する。
◎頭皮は見えておらず、産毛が成長できていない状態。
 ※女性に多い症状
◎頭頂部を中心に、円状が広がっていくなどがあります。

若はげはAGAだけではなく、他の症状にも係わっていることが多いです。
また、円形脱毛症をAGAと勘違いしてしまう人もいるようですが、円形脱毛症は病気に分類されており、AGAとは全く別物です。AGAと違い円形脱毛症はしばらくすると自然治癒するものがほとんどです。

また、ひこう性脱毛症は、頭皮アレルギーの一種でカラーリング・パーマ・ドライヤーの当て過ぎなどが原因となりひこう性脱毛症は、正しいヘアケアをすることで改善することができます。

脂漏性脱毛症もAGAと比べるとかなり発症数は低いですがそれでも増加傾向にあります。

皮脂の過剰分泌により、頭皮が皮脂で覆われてしまいます。これは皮脂を洗浄し過ぎても症状がでることがあるので、スカルプ専用シャンプーを使用すると改善できる場合があります。

牽引性脱毛症は、髪のセットをするときに強く引っ張ってしまうと起こります。ヘアスプレーやジェルなどの過剰な使用を控えれば、症状は出ません。

病気である円形脱毛症を除けば、若はげは改善できるのです。しかし、若はげになってからそれを治療するのではなく、若はげにならないように予防することがとても大切です。

原因の多くは生活習慣の乱れとストレスによるもので、規則正しい生活をしていれば若はげになる確率は下がります。

学校を卒業後、就職すると多くの人間関係や仕事のノルマなどでストレスが蓄積されている人が多くこの精神的ストレスは簡単に治すことは出来ないので、対策法としては相談に乗ってもらえる人物と会話をするのが良い方法といえるでしょう。

過度な精神的ストレスは、脱毛症だけではなく思わぬ病気の発端にもなりかねません。重症になれば、精神疾患になり大病を患うこともあるのです。

周りに悩みを相談できない人は、メンタルケアーを受けることも考えておきましょう。

日頃からストレスを解消できていれば、若はげに悩まなくて良い生活が送れ、また食生活も必要な栄養分をバランスよく摂取することを心がけていれば、自然に若はげ予防へと繋がります。

できれば、毛髪に必要な栄養成分が多い食材を食することが理想的です。魚介類を多く肉類は少なく、そして植物繊維をこまめに食することも大切です。特に栄養成分が豊富な「大豆」が若はげ予防にオススメです。

このページの先頭へ